« 黄金免許 | トップページ | 壁を壊す »

2008年1月 9日 (水)

危険運転

所長です。

昨日、免許更新の話を書きましたが、おそらく大勢の人が注目していたであろう判決も出ました。福岡の「危険運転致死傷罪が適用されるかどうか」の事件です。

結果的に適用されませんでした。この事は大きな物議をかもすことになるでしょう。(適用されても物議あるでしょうが。)

私個人的には、「これで適用されないのであれば、どうしたら適用されるの?」と首をかしげたくなります。勿論、裁判官もその道のプロですから、当然法解釈を突きつめた結果だろうと思います。

車の運転には法令遵守は当然のこと、それに加えてマナーやモラルといった要素も必要だと思います。そのかけらもないドライバーの運転する車はもはや凶器です。刃物をむやみに持ち歩くと銃刀法違反になりますが、車という凶器が爆走していることはいいのでしょうか?そのための「危険運転致死傷罪」なのだと思うのですが。

« 黄金免許 | トップページ | 壁を壊す »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄金免許 | トップページ | 壁を壊す »