« 2008年、今年も宜しくお願いします! | トップページ | 今日から通常営業です »

2008年1月 4日 (金)

余命1ヶ月の花嫁

Hanayome 所長です。

TV放送をご覧になった方も多いでしょう。「余命1ヶ月の花嫁」が書籍化されました。私は残念ながらTV放送を見ていなかった(CMなどを見たことはあります)のですが、見た人も、見なかった人も、本書の存在は最低でも知っておいて欲しいな、と思います。

24歳でガンのために亡くなった女性の実話のドキュメンタリーですが、彼女の何気ない一言がとても胸に残りました。

「みなさんに明日がくることは奇跡です。

それを知ってるだけで、日常は幸せなことだらけで溢れています。」

そういえば先日、法事で方丈さんが説法でお話しされていました。「人の世は“つもり”の連続で成り立っている。みんな、“明日がある”“来週がある”“来年がある”つもりで生きている。でも、生きている以上、そんな保証はどこにもない。」

当然、人間には未来があると思うからこそ希望もあります。でもその一方で、その未来のために今を一生懸命、生きていく必要があるのではないでしょうか。

« 2008年、今年も宜しくお願いします! | トップページ | 今日から通常営業です »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2008年、今年も宜しくお願いします! | トップページ | 今日から通常営業です »