« ミシュラン | トップページ | サッカー、北京五輪へ! »

2007年11月21日 (水)

病児保育

Florence 所長です。

病児保育、ってご存じですか?いつもなら保育園に預けている子供が病気になったら、どうしますか?普通、保育園では病気の子供を預かってくれませんよね。その病気の子供を預かろう、というのが病児保育です。

でも、これって言うほど簡単ではありません。なにしろ、病気になった時だけ預かるのですから、これをビジネスとして実践するにはハードルが高いでしょう。

このハードルを乗り越えるには、そもそも何のためにこの事業をするのか、という経営理念が伴っていないとだめなのではないでしょうか。経営理念の重要性についてはどの業種にも同じですが。また、どの業種であっても、社会との繋がりはあります。だから社会的責任というのも当然背負っているのだと思います。

そこでこの一冊、「社会を変えるを仕事にする」。ITベンチャーから病児保育のNPOへ身を投じた著者の経験からあなたは何を感じるでしょうか?

« ミシュラン | トップページ | サッカー、北京五輪へ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミシュラン | トップページ | サッカー、北京五輪へ! »