« つき指 | トップページ | ソフトボール大会 »

2007年10月10日 (水)

生物と無生物のあいだ

Museibutsu 所長です。

最近、新書が流行ってますよね。最近、読んだ新書がこれです。科学ものですが、小説を読んでいるような感覚で読める一冊です。

人間も石ころも、全ては原子の集合体である事に変わりはありません。ところが人間は生物であり、石ころは生物ではなく、そこには大きな違いがあります。その違いは何なのか?それを解き明かすのが科学です。

DNAとは何なのか、それを構成している原子の集合体・分子はどうなっているのか、構成体であるタンパク質の謎とは???何だか読みたくなりませんか?秋の夜長、たまにはサイエンスしてみるのもいいのでは?

« つき指 | トップページ | ソフトボール大会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つき指 | トップページ | ソフトボール大会 »