« 初めての健康診断・・ | トップページ | 個人投資家、脱税摘発 »

2007年10月16日 (火)

亀田大毅

所長です。

先週からスポーツ誌、スポーツニュースはもちろん、ワイドショー番組でもこの話題で持ちきりですね。そう、亀田大毅です。(というか、亀田家?)

結局、父親がライセンス無期限停止、大毅が1年停止、という処分が下されました。この処分が重いか軽いかは別として、マスコミ・メディアの手の平の返し方はあまりにもひどいなぁ、と感じます。

そもそも世界ランキングが10位以下の選手が簡単にタイトルマッチに出れるわけないんです。協会としても、チャンピオンにしても、ジムにしても、「亀田相手なら金になる、商売になる」という考えが絶対にあったはずです。通常の世界タイトルマッチ以上に世間の注目を早くから集め、相当の経済効果があったはずです。ファイトマネーにしても、日本では無名の海外ランカーとやるよりはるかにいい金額だったのではないでしょうか?

言い換えれば、まだ若い選手を無理やり担ぎ出して、祭り上げたうえに、梯子を外して、罵倒しているような感じですよね。

たしかに、亀田陣営はひどかった。どんなに劣勢であっても、あれではタイトルに挑戦する資格はないでしょう。

でも、その亀田頼みだったボクシング界の体質も問題なのではないでしょうかね?

« 初めての健康診断・・ | トップページ | 個人投資家、脱税摘発 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めての健康診断・・ | トップページ | 個人投資家、脱税摘発 »