« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月23日 (土)

ソフトボール

副所長です。

本日、税理士会の方々とソフトボールをしてきました。税理士会にも色々な課外活動?があって、今日はソフトボール部の練習日でした。実は、私は初参加だったのですが、ソフトボールなんて高校生の体育の授業でやって以来。まともにできる訳がありません。頭の中のイメージと現実の体の動きにはかなりの差がありました。頭の中ではホームランを打ったつもりでも、実際にはサードフライ。頭の中では内野ゴロを華麗にさばいたつもりが、実際にはトンネル。ま、現実はそんなもんです。

それでも、青空の下、気持ちよく汗を流せる貴重な時間でした。明日の筋肉痛がかなり心配ですが、皆さんも汗を流してリフレッシュできる機会を持った方がいいですよ。

2007年6月20日 (水)

熱帯夜

副所長です。

ついに今年も来ました、熱帯夜。蒸し暑くて眠れない夜。私は昨夜、部屋の窓全開にしてしまいました。何とかギリギリまでクーラーのお世話にならないようにしたいのですが、さて今夜はどうでしょう。

ところで、梅雨はどこへ行ったのでしょう?

2007年6月19日 (火)

悲しみの告別式

副所長です。

悲しい話題ですが、今日、告別式に参列してきました。亡くなったのは、まだ37歳の奥様。上は中1、下は小2の3人のかわいい子供達を残しての、あまりにも早すぎる死です。

病気を長く患っていた訳でもありません。いつも通りの日常生活を送っていた中での急死。残された遺族の方々はまだ事実を完全に受け入れられていないかもしれません。

深い悲しみに溢れた今日の告別式。いつも通りの日常生活を送れる事がいかに有難いか、家に帰れば家族が待っている事がどれだけ幸福な事なのか、とても考えさせられました。

改めて、故人のご冥福をお祈り申し上げます。

2007年6月15日 (金)

住民税、大増税?

副所長です。

最近、この話題についてよく質問されます。「政府は、所得税と住民税の負担割合を変えただけだから、総額は変わらない、って言うけど本当?増税してると思うんだけど。」

正解です。

まず、定率減税の廃止が大きいです。期間限定で導入されたものとはいえ、すっかり世の中に定着していたものですから、これが廃止となると痛いです。これで1割増税です。

また、所得税と比べて、住民税は所得控除の幅が狭くなっています。例えば、生命保険料控除は、所得税だと最高10万円ですが、住民税だと最高7万円です。このため、住民税の税率が上がると、税額の総額は増えます。

素晴らしい増税マジック!誰ですか、こんな法案通したの?

2007年6月14日 (木)

LOST HIGHWAY

Losthighway 副所長です。

ロック・ファンお待ちかねのアルバムが発売されました。BON JOVIの「LOST HIGHWAY」。私は高校生の頃、「Livin' on A Prayer」「Bad Medicine」を聴いてはまってしまった世代です。

前回のツアー(Have A Nice Day)の時も東京ドームに行きました。来日公演というと正味1時間程度しかやらない人が多い中で、BON JOVIはたっぷり3時間、30曲もライブをやってくれる貴重な大物バンドです。(去年来日した某大物歌姫は1時間しかやりませんでした)

来年あたりツアーが組まれるようですが、是非行きたい!行きたいなぁ…。行けるといいのですが…。でも、東京ドームはライブには向かない会場ですね。やっぱり武道館がいいですね。

2007年6月13日 (水)

カリガリ博士

Caligari 副所長です。

先日、DVDで「カリガリ博士」を観ました。1919年、ドイツの作品です。今からなんと90年も昔!サイレント・ムービーです。まともにこの時代の作品を観たのは初めて、と言ってもいいでしょう。

サイコ・ホラーの古典的名作と言われる本作ですが、噂に違いなく、優れた作品です。今から90年も昔の作品ですから、撮影技術などは現代のそれとは比較になりません。しかし、「今観てもいい作品」は作れるものです。CGなんかなくても、十分に人をひきつけることができるのです。「うちには物がない、金がない、人がいない」なんて嘆く前にやるべきことは沢山ありそうですよ。

ところで、このDVD。なんと500円です。こんな価格でDVDが買えるとは!いい時代になったものです。

2007年6月11日 (月)

ラファエル・ナダル

副所長です。

さて、今日のタイトル、何でしょう?

せめて3割以上の人に知っていて欲しい名前です。今年の全仏の覇者の名前です。ランキング1位のフェデラーを破り、大会3連覇を成し遂げました。フェデラーはランキングこそ1位ですが、実は全仏に関しては優勝経験がないのです。

全仏には他の大会と違う大きな特徴があります。それはコートがクレー(土)のコートなんです。ウィンブルドン(全英)は芝生、全米・全豪はハード、と大会によってコートの土壌が違うのです。

ナダルはクレー・コートを得意としている選手です。クレー・コートで行われた今回の大会、全仏には「地の利」があったといえるでしょう。総合力では格上の相手でも、自分の得意な土俵で戦えば、勝利する事も十分に可能です。これはビジネスでも同じ事がいえるかもしれません。

あなたが得意としている物、人には負けない物、それは何でしょう?そこにビジネスチャンスの糸口があるのかもしれません。

2007年6月 9日 (土)

事務所見学

副所長です。

本日、長野県にある会計事務所を見学してきました。顧問数400件を超える大きな事務所でしたが、その規模に圧倒されました。

まるでデザイナーズハウスのような立派なオフィスも素晴らしいですが、所内が効率良く機能的にまとまっていたのも印象的です。約30名いる職員全員が知恵を出し合って、所内の環境作りをしているらしいです。

私の事務所は比べるまでもない小ささですが、機能性・品質性では負けない事務所作りをしていこう、と秘かに決意しました。(って、ここに書いたら「秘か」じゃないじゃないか!)ひとつひとつ積み重ねていって、見学してもらえるような事務所にしていきたいと思います。

2007年6月 7日 (木)

防災体験

副所長です。

昨日、税理士会の企画で池袋の防災館で防災体験をしてきました。今まで防災体験といえば学校の避難訓練くらいだったので、とても面白かったです。(本当は面白がってはいけないのでしょうが)

地震体験では震度6を体感しました。また、煙に巻かれる体験もしました。いずれも、「体験」だったからよかったものの、「実際」だったらまともな行動はなかなか取れないだろうな、というのが正直な感想です。

「備えあれば憂いなし」身の回りでも出来る限りの対策はしておいた方がいいでしょう。その対策が日の目を見る事がなければ、それに越した事はありません。でも、何かが起きてからでは遅いのです。是非、皆さんも防災について日頃からよく考えておきましょう。

2007年6月 6日 (水)

結婚式に行ったのか・・飲みにいったのか・・

職員Aです。

去る6/3(日)、高校時代から親しくしている友人の結婚式に出席しました。非常に天気も良く(むしろクソ暑いくらいでしたが・・)、新しい門出を迎える二人を祝っているかのようでした。

会場についてからは時間もだいぶあるので、あまり好きではない(?)お酒を頂いて(特にブランデーをジンジャーエールで割ったモノがお気に入り!!)心をリラックスさせました。なぜかと言うと、自分はこの日「歌」を唄うよう頼まれていたからです。しかも当日まで、これ!!というのも決まっていない状態でした。(何曲か候補はありました。・・結局は一緒に出席した友人と決めましたが・・)リラックスしたおかげなのか?、単なる酒に酔っただけなのか?・・は、ともかくとして本番は無事乗り切りました。

二人の幸せそうなあの顔は一生忘れないと思います。いつまでも末永く幸せでありますよう、願うのみです。

・・調子こいたおかげで、帰りが大変だったのは言うまでもありません。他に書きたいことは山ほどありますが何だか自分の首を絞めるような(?)気がしてなりませんので、この辺で・・。

2007年6月 5日 (火)

全仏

副所長の小林です。

全仏、ローランギャロス、、、皆さん、この単語、聞き覚えあるでしょうか?

「知らない」…そんな声が聞こえてきそうです。今、テニスではフレンチ・オープン、通称・全仏が行われているのです。(因みに、ローランギャロスはフランスの開催地の名前)テニスは娯楽スポーツとしてはメジャーな方だと思うのですが、TV中継が少ないせいか、観戦スポーツとしては認知度が低い気がします。

野球ではイチロー、松井秀喜、松坂を知らない人はいないでしょうが、テニスでは世界ランキング1位のフェデラーを知っている人の方が少ないのでは?テニス・ファンの私とすれば、もっと地上波でテニスを放送して欲しいです。写真週刊誌が取り上げる機会が多いので、テニスの認知度№1は断然、シャラポワですもんね。

因みに私は元世界ランキング24位の神尾米選手とラリーした事があります!イベントでの事ですがね…。

さて、いよいよ明日から全仏が地上波でも見られます!お楽しみに!

2007年6月 3日 (日)

逆境の経営学

Book070603 副所長の小林です。

はっきり言って、私は吉野家、好きです。学生の頃は週に3回は行ってたでしょうか。最近は外食する機会自体が減ったので、なかなか行けませんが、チャンスがあればついつい行ってしまいます。

その吉野家もBSEの余波で存亡の危機に立たされていました。ここ最近の吉野家を見る限り、見事な復活劇、といえるでしょう。これは決して運の良し悪しだけでなく、しっかりとした経営哲学、経営姿勢があってのことなのです。

2007年6月 1日 (金)

交流戦

副所長の小林です。

最近の日本のプロ野球、すっかり交流戦真っ只中ですね。去年から始まったセパ交流戦ですが、けっこう面白いですね。日本の野球界にとって、珍しく?ファンを喜ばせた企画と言えるのではないでしょうか。

でも、プレーオフはいらない気がしますが…。同一リーグの中で1位~3位のプレーオフをやってもしょうがないと思うのですが。メジャーリーグの場合はあくまで地区優勝チーム同士のプレーオフですからね。意味が全然違いますよね。

野球ネタついでに。オリックスと近鉄の合併で誕生した新生オリックスが、リストラ組で編成した楽天よりも下位にいる、というのが面白いですね。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »