2020年9月23日 (水)

オンラインで広がる選択肢

◆新型コロナウィルス感染予防について◆
当面の間、新型コロナウィルス感染予防への配慮を継続します。
ご来所頂く際はマスク着用、アルコール消毒への
ご理解、ご協力の程、よろしくお願い致します。
------------------------------------------------

所長です。

先日、税理士会川越支部の特別研修会を開催しました。今回のテーマは「オンライン研修」について。税理士会のオンライン形式の研修ツールについて説明させて頂きました。

税理士会では以前よりオンライン形式での研修ツールが存在していましたが、会場形式が主流のためコンテンツは正直、豊富ではありませんでした。しかし、コロナ禍では会場形式の研修会は開催できず、オンライン形式への振替で対応する事になりました。

Kz202009a

とはいえ、今まであまり利用されてこなかったオンライン形式の研修をいきなり利用させようとしても、そう簡単に利用できるものではありません。そこで今回の研修会です。オンライン形式を会場形式で研修する、というのもナンセンスな話かもしれませんが。もちろんソーシャルディスタンスを取りながら、会場キャパシティの半分以下の人数での開催です。

オンライン形式の研修が当たり前になれば、今まで時間的制約や地理的制約があって受講できなかった研修を自分の自由な時間と場所で受講できるようになります。会場形式でも普通に開催できるようになったら、会場への参加、オンライン参加を選択して受講できるようになるとさらに良いですね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2021年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2020年9月18日 (金)

最大たらんより最良たれ

◆新型コロナウィルス感染予防について◆
当面の間、新型コロナウィルス感染予防への配慮を継続します。
ご来所頂く際はマスク着用、アルコール消毒への
ご理解、ご協力の程、よろしくお願い致します。
------------------------------------------------

所長です。

先日、埼玉中小企業家同友会、西部地区会9月例会に出席しました。

今回の報告はライフサポート社長、小山郁也氏「最大たらんより最良たれ」。

Doyu202009pr

会社の良し悪しはどのような基準で判断されるでしょうか?社員や顧客を騙さず、大切にする会社を良い会社だと誰しもが思う事かもしれませんが、この基準は外見からはなかなか判断するのが難しくなります。そこでついつい「売上」や「社員数」といった「規模」で計ってしまう事が多くなります。この基準は客観的なので誰が見ても同じように計る事が出来るからです。

しかし、「規模の大小」と「社員や顧客を大切にする」事に相関関係はありません。むしろ目先の利益に目が眩むと、社員や顧客をないがしろにしてしまいがちです。

もちろん売上や利益は大切です。しかし、それよりも大切にしなければならないものがあります。経営の質を高める事、これは経営理念の実践に他なりません。社員や顧客の幸福の結果として利益がついてきます。追い求める順番を間違えてしまうと本当に大切なものは手に入らなくなってしまいます。

コロナ禍の今だからこそ、「何を追い求めているのか」を見つめ直す必要があるのではないでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2021年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2020年9月17日 (木)

軽井沢千住博美術館

◆新型コロナウィルス感染予防について◆
当面の間、新型コロナウィルス感染予防への配慮を継続します。
ご来所頂く際はマスク着用、アルコール消毒への
ご理解、ご協力の程、よろしくお願い致します。
------------------------------------------------

所長です。

先日、軽井沢千住博美術館を初めて訪れました。

Senju202009a

この美術館は日本画家の千住博氏本人がプロデュースする美術館であり、作品と建物の調和が意識されています。そのため、普通の美術館とはかなり違いがあります。

まず軽井沢の自然を感じられる造りになっており、館内に複数あるガラス張りの中庭には樹木が生い茂り、自然光が入ってきます。絵画を観る美術館では普通、自然光は入ってこないですよね。

そして自然の緩斜面をそのまま利用しているので、館内の床はスロープ状態で立体感があります。普通の美術館の床は平面ですよね。自然光が入り、立体感がある、そして作品との調和が取れている、つまり、美術館そのものが一つのアートになっているのです。

もちろん作品一つ一つのエネルギーも素晴らしいですが、美術館そのものが一体感のあるアートを構築している素晴らしい美術館でした。軽井沢に行かれた際、お立ち寄りになられてはいかがでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2021年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2020年9月16日 (水)

カスタマーサクセスとは何か

◆新型コロナウィルス感染予防について◆
当面の間、新型コロナウィルス感染予防への配慮を継続します。
ご来所頂く際はマスク着用、アルコール消毒への
ご理解、ご協力の程、よろしくお願い致します。
------------------------------------------------

所長です。

弘子ラザヴィ氏著の「カスタマーサクセスとは何か」。

Customersuccess

「カスタマーサクセス」、国内においてはまだ馴染みのない単語ですが、アメリカでは既に注目されています。著者の言葉を借りれば、「サザエさんの三河屋さんの現代版」との事ですが、「顧客一人一人に目を配り、気を配り、その人に合った商品やサービスを提案する」というビジネススタイルは日本人にとって得意分野のハズです。

しかし、「現代版」となった時に実は日本企業は海外に比べて遅れを取っています。それは「IT」です。コロナ禍において行政のIT化の遅れが目立ちましたが、行政だけでなく企業でも同様に遅れていました。これは対面式ビジネススタイル、つまり「アナログでの成功体験」が邪魔をしていたのではないでしょうか。

これからはデジタルとアナログを融合させたビジネススタイルが主流になってきます。その結果、顧客から求められるのは「物質としての商品」ではなく「成功に結び付く価値」になります。「何を売るのか」から「どんな価値を売るのか」、これからの企業はそこを真剣に考えていかなければ生き残っていけないのではないでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2021年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2020年9月15日 (火)

コロナ禍でも探求を

◆新型コロナウィルス感染予防について◆
当面の間、新型コロナウィルス感染予防への配慮を継続します。
ご来所頂く際はマスク着用、アルコール消毒への
ご理解、ご協力の程、よろしくお願い致します。
------------------------------------------------

所長です。

今年も埼玉中小企業家同友会と県内公立高校のコラボ企画、探求の授業がスタートしました。去年に引き続き2回目の開催となります。(去年の様子はこちら:初回途中経過最終プレゼン

今年は去年の反省点を踏まえて、と思った所で新型コロナウィルス。開催そのものが危ぶまれる中、当初の想定から大きな変更を余儀なくされました。初回のみ教室で登壇させて頂き、2回目以降はオンライン参加となりますが、コロナ禍でも探求する事を選択された先生方の熱意を感じました。

Doyu202009a

この企画は去年、文部科学省の方針変更に端を発しております。今、世の中では前例のない事で溢れています。今回の新型コロナウィルスも然り。このような状況下では「過去に誰かが見つけた正解」を頼りに行動出来ず、自ら試行錯誤しながら手探りで進むしかありません。

つまり、思考力や行動力、調整力など総合的な人間力を育む事が大切であり、学校教育においてもその側面を取り入れようとしています。しかし、長らく暗記型の学習を進めてきた教育現場ではそのようなノウハウがありません。そこで企業とのコラボ企画となったのです。仕事の現場では日々、正解のない課題と向き合っており、過去の成功体験にしばられず、常に新しい答えが求められます。

今年もこのような企画に関わる機会を頂き、感謝です。生徒たちの成長を見守りながら、こちらも負けずに成長していきたいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2021年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2020年9月14日 (月)

レジリエンス

◆新型コロナウィルス感染予防について◆
当面の間、新型コロナウィルス感染予防への配慮を継続します。
ご来所頂く際はマスク着用、アルコール消毒への
ご理解、ご協力の程、よろしくお願い致します。
------------------------------------------------

所長です。

日本時間で昨日、決勝戦が行われたテニスの全米オープン女子。大阪なおみ選手が2年振り2度目の優勝を飾りました。生中継をご覧になっていた方も多いのではないでしょうか。

Usopen202009a

立ち上がりの第1セットを一方的な展開で落とし、多くの方が敗戦を覚悟したかもしれません。しかし第2セットから逆転勝利で見事な優勝を飾りました。このような勝ち方をすると「メンタル面の成長」が注目されます。以前の大阪選手なら第1セットの内容から集中力を失い、ストレート負けを喫していたかもしれません。

ここで言う「メンタル面の成長」とは一体何でしょう?よく「メンタルの強化」と言う方がいますが、ただ「強く」しただけではその強さを超えるプレッシャーに直面した時、そのプレッシャーに負けてしまい、キリがありません。そこで大切になるのが「レジリエンス(回復力)」。心が折れそうになった時でもそこから立ち直る力です。

今回の試合でも第2セット以降、終始大阪選手が優勢だったかと言うとそんな事はありませんし、メンタルの波も感じられました。しかし、メンタルが崩れそうになってもそこから立ち直る力を大阪選手は身につけていた、それが今回の「メンタル面の成長」なのだと思います。

これはスポーツに限った事ではありません。勉強でも仕事でも、私たちの日常生活の中にも応用できるものです。私たちは人間である以上、感情があります。感情が揺れ動くのは生きている証拠です。しかし、感情に引きずられると適切な判断を下す事が出来なくなります。この事を頭の片隅に置いておくだけで少しは違うかもしれませんね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2021年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2020年9月11日 (金)

つぶれない会社のリアルな経営経理戦略

◆新型コロナウィルス感染予防について◆
当面の間、新型コロナウィルス感染予防への配慮を継続します。
ご来所頂く際はマスク着用、アルコール消毒への
ご理解、ご協力の程、よろしくお願い致します。
------------------------------------------------

所長です。

前田康二郎氏著の「つぶれない会社のリアルな経営経理戦略」。

Tsuburenaikaisha

会社経営には景気の波がつきもの。追い風の時もあれば、厳しい逆風の時もあります。今、まさに新型コロナウィルスという強烈な逆風が吹き荒れています。

では逆風の時にはすべての会社が潰れてしまうのか、というとそんな事はなく、しっかり生き残る会社もあります。では逆風の中でも潰れない会社と潰れてしまう会社の違いは何なのでしょうか。

もちろん様々な要因があると思います。しかし、共通して言えるのは「計数感覚があるかどうか」です。経営者ないしは経営者に近い立場の方に計数感覚がある場合は会社は潰れにくい傾向にありますし、逆に計数感覚に乏しいと潰れやすい傾向にあります。

中小企業では優秀な経理担当者を採用する事が難しく、どうしても計数感覚に乏しくなりがちです。そんな時こそ会計事務所の出番です。会計事務所を上手に使う事で、社内の計数感覚の乏しさをカバーする事が出来ます。経営者と経理担当者、会計事務所が協力し合う事で先行不透明な時代に対応した経営を実現する事が出来るのです。つまり、経理とは年に一回、決算書を作成すれば良い存在なのではなく、日々の経営に活かしてこそ意味のあるものになるのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2021年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2020年9月10日 (木)

重陽の節句

◆新型コロナウィルス感染予防について◆
当面の間、新型コロナウィルス感染予防への配慮を継続します。
ご来所頂く際はマスク着用、アルコール消毒への
ご理解、ご協力の程、よろしくお願い致します。
------------------------------------------------

所長です。

昨日は「重陽の節句」でしたね。

現代ではあまり馴染みのない日になりましたが、元々は邪気を払い、不老長寿を願う日で、菊酒を嗜む日です。そのため、「重陽の節句」と言えば「菊」なのですが、我が家では菊ではなくサボテンが満開。

Saboten202009a 

今まで一輪ずつ咲いた事はありましたが、一度に5輪まとめて(写真では一輪隠れてます)咲いたのは初めて。とても見応えがあります。

でも、

Saboten202009b

お昼前にはご覧の通り。花を楽しめるのは咲いたその日の朝だけ、ほんの僅かな時間です。その貴重な時間に立ち会えた事に幸せを感じますね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2021年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2020年9月 9日 (水)

ONE TEAMの軌跡

◆新型コロナウィルス感染予防について◆
当面の間、新型コロナウィルス感染予防への配慮を継続します。
ご来所頂く際はマスク着用、アルコール消毒への
ご理解、ご協力の程、よろしくお願い致します。
------------------------------------------------

所長です。

藤井雄一郎氏、薮木宏之氏著の「ラグビー日本代表、ONE TEAMの軌跡」。

Oneteam_kiseki

同時期に発刊された藤井雄一郎氏著の「ONE TEAMはなぜ生まれたのか」はラグビー日本代表のチームづくりに重点を置いているのに対し、本書はラグビー日本代表がいかにワールドカップを戦い抜いたのか、その軌跡に重点を置いており、2冊とも読んでおきたい内容ですね。

昨年のワールドカップ、私は2試合観戦する事が出来ました。1試合は熊谷ラグビー場で開催されたジョージアーウルグアイ戦。生まれて初めてのワールドカップ観戦であり、地元での開催という事でとても興奮したのを覚えています。そしてもう1試合が横浜で開催された日本ースコットランド戦でした。日本が初めてベスト8進出を決めたこの試合、おそらく生涯忘れる事はないでしょう。

しかし、ラグビー日本代表の躍進はワールドカップ開催期間中の約1ヶ月で行われたものではありません。ジェイミー体制になってからの3年間で積み上げられたものですし、もっと言えばワールドカップ自国開催が決定してからの10年間の積み重ねでもあります。10年間の下積み生活を耐え忍び、花を咲かせた、という言い方も出来るでしょう。

現在、新型コロナウィルスの影響により一部の国を除き、世界中のラグビーがストップしていますが、3年後のフランス大会へ向けて、きっとまた素晴らしいプレーを見せてくれる事でしょう。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2021年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2020年9月 8日 (火)

衛生強化策から見る東西パークの違い

◆新型コロナウィルス感染予防について◆
当面の間、新型コロナウィルス感染予防への配慮を継続します。
ご来所頂く際はマスク着用、アルコール消毒への
ご理解、ご協力の程、よろしくお願い致します。
------------------------------------------------

所長です。

先日、オンラインセミナー「気になる衛生強化策から見る東西パークの違い~ニューノーマル時代の安全・安心を考える」に出席しました。今回の企画はいつもお世話になっている元ディズニーキャストの加賀屋克美さんと元USJクルーの杉崎聡紀さんのコラボでした。

Kagaya202009a

よく東西を代表するテーマパークとして取り上げられるディズニーランドとUSJ。実は似ているようで異なる点もあり、この両社の比較は興味深いものがあります。今回は両社のコロナ対応の違いから、これからの経営に求められるものについて学びました。

ソーシャルディスタンスの取り方や消毒の仕方など、随所に両社の違いが見られましたが、お互い共通なのは「消毒」と「密にならない」という点です。これによりキャスト側のオペレーションの増加、来園者数の減少が発生し、経費の増加、売上の減少につながります。このままでは経営に大きな打撃を与えます。このため、固定費の削減、売上単価の増加を図る必要があります。固定費の削減とはデジタル技術の活用であり、売上単価の増加とはチケットや食事の値上げです。

今までであれば値上げはマイナスイメージがあり、顧客離れにつながりかねない取り組みですが、コロナ禍においては「安心、安全、快適」をお金で買う事への抵抗感が低くなると考えられます。もっと言えば、「安くても不衛生」な所には人は集まらず、「高くても快適」な所に人が集まる、という事です。実際に一般のホテルでも高額な部屋から予約が埋まる現象が起きています。

しかし「安心、安全、快適」はそう簡単には実現出来ません。そのためには「言葉の定義を明確にする」「個人差なく必ず実行する」「日々改善を重ねる」という企業努力を積み重ねる必要があるのです。両社は休園中、休まずにその企業努力を積み重ねていた、という事なのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2021年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

«見残しの塔