2019年8月22日 (木)

中小企業だからこそインターンシップ

所長です。

弊所で毎年、夏の恒例行事と言えば大学生のインターンシップです。今年も2校から2名の学生がインターンシップ生として来ています。

Intern201908b

中小企業ではまだまだ一般的でないインターンシップ。しかし私は中小企業だからこそインターンシップという制度を利用すべきだと思います。

中小企業では採用の場面において中途採用が一般的です。なかなか新卒採用はハードルが高い、と感じています。そこで新卒採用の練習だと思ってインターンシップをやってみると、やってみたからこそ分かる気付きが沢山あります。

「学生の生の就職意識を知ることができた」、「若手社員に後輩ができた時の感覚を味わってもらえた」など企業側が受けるメリットが少なくありません。

一方で、学生側に中小企業の魅力を伝えることが出来ます。ネームバリューのない中小企業にとって、大企業と競わざるを得ない新卒採用はまだまだハードルが高く、なかなか学生に振り向いてもらえない現状があります。しかし、現実には中小企業で働くことのメリットは沢山あるのです。

皆様の会社でも是非インターンシップに取り組まれてはいかがでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年8月21日 (水)

なぜテーマパークでは朝から風船を売っているのか

所長です。

テーマパークコンサルタントの清水群氏著の「なぜテーマパークでは朝から風船を売っているのか?」。

Termaparkbaloon

著者は東京ディズニーランドとUSJに勤務した経験からテーマパークコンサルタントとなりました。この二大テーマパークに代表される各地のテーマパークには学ぶべきポイントが沢山あります。特に二大テーマパークでは科学的に分析された上で実践していることも多く、企業経営にも大いに活かせることが溢れています。

その一つが本書のタイトルにもなっている「なぜ朝から風船を売っているのか?」。果たして、朝は風船が売れやすい時間帯なのでしょうか?答えは本書にて。

今までなんとなく見過ごしてきたことでも、改めて見直してみると、そこには深く考えられた「プロの仕事」が詰まっています。ワクワクする入場ゲート、居心地の良い園内、楽しいアトラクション、ついつい買ってしまうお土産。そしてそれを陰で支える「安心、安全」。どれを取ってもそこには「プロの仕事」があるのです。

さて、皆様の職場にはどれだけ「プロの仕事」がありますか?

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年8月20日 (火)

期日前投票

所長です。

今週末は埼玉県知事選挙ですね。4期務めた上田知事の後釜を担う知事選ということで注目されていますね。

Votiong201908a

今回、知事選のポスターはヒット映画「翔んで埼玉」のパロディで、こちらも話題になっています。これが投票率アップにつながるといいのですが。

私は今週末、所用のため投票に行けないので期日前投票を済ませてきました。最近では期日前投票の利用率は上がっているようです。反面、全体としての投票率は低迷しているので、政治に興味がある人とそうでない人の格差が開いている、ということなのでしょうか。

政治は私たちの生活に無関係のものだったり、縁遠いものではありません。むしろ私たちの生活に密着した問題と言えるのですから、投票に行かない、ということは自分の生活がどうなろうとも一向に構わない、ということになってしまいます。

私たちの未来が明るいものになるため、政治に興味を持ち、ぜひ投票に行きましょう!

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年8月19日 (月)

心を燃やす逆転の経営

所長です。

山中浩之氏著の「マツダ~心を燃やす逆転の経営」。

Mazudakokoro

最近、マツダの勢いが止まりません。もちろん販売台数でいえばトヨタ、ホンダには及びませんが、ファンからの支持という点で見れば、上位二社に引けを取っていません。実はかく言う自分もマツダ車が好きだったりします。

一部には「どれも似たような車」という声も聞こえますが、これはあくまで「マツダ車」としてのブランディングから生まれたものであり、デザイン力がない訳ではありません。これはベンツやBMWにも通じることですね。

ハイブリッド車や電気自動車へのシフトが主流になっている中で、内燃エンジンにこだわり、それでいてハイブリッド車と遜色ない燃費を実現しています。これは「ハイブリッドエンジンは全車には搭載できず、それではそもそもエコカーの目的であるCO2削減の効果が限定的となる。全車に搭載できるエンジンでなければエコカーの目的は達成できない。」という信念に基づいてのこと。

業界の常識に捉われず、独自路線を貫いたからこそ辿りついた境地ではないでしょうか。ここに単なる商品開発だけでなく、企業づくりの本質を見ることができます。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年8月16日 (金)

かかし祭り

所長です。

毎年恒例の南古谷かかし祭り。川越税務署の近くの田んぼに、様々なかかしが立ち並びます。

その年の流行が反映されたものが多いですが、今年はやっぱりこれでしょうか。チコちゃんとキョエちゃん。

Kakashi201908a

今年9月に開催されるラグビーW杯にちなんだものも。(トンプソンルーク?)

Kakashi201908b

税務署のすぐ近く、ということでやっぱりこれも外せませんね。国税庁のキャラクター、イータくん。

Kakashi201908c

もしお近くに行かれた際はぜひ。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年8月15日 (木)

English grammer in use

職員の渡辺です。

趣味の一環で英語の勉強をしているのですが、本を読んでいくと、まだまだ自分は初級者の域を出ないなぁと思う事が多くあります。English grammer in use。直近ですと、この本がそれを一番痛感させました。

Watanabe201908b

マーフィーのケンブリッジ英文法という名前で日本語訳されているらしいこの本ですが、まず思うのはin useという表現のニクさ。大学以降はいざしらず、受験勉強のための英語という側面が強すぎる高校までの英語学習で、文法を「使う」という観点からじっくり眺めることなんてそそうそう無いかと思います。

写真のイメージ通り中身は全部英語なのですが、取扱う文法事項は中学校一年生レベル(今だと小学生レベルなのでしょうか)から始まります。だというのに、この本は最初のページから学びの多い事多い事。母語が英語の人が、使うための英語を記載してくれることの有難さ。学ぶべきことの多さが五臓六腑に染み渡ります。

ネイティブが言葉を使う感覚とロジックをシンプルに教えてくれているこの本、中一レベルからやり直すきっかけを与えてくれるにはインパクトが大きかったです。手なりで訳しているから言葉の微妙なニュアンスが読み取りにくいなんて言う事がたまにありましたが、それを解消してくれるにはてきめんの良い本じゃないかな、と思いながら学習しています。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年8月14日 (水)

盆迎え

所長です。

今週はお盆休み、という方が多いと思いますが、弊所では通常営業です。但し、スタッフは交代で休暇を取らせて頂いてますのでご了承下さい。

さて、我が家がある地域ではちょうど今の時期がお盆。昨日の夕方、例年通り子供たちと一緒に盆迎えに行きました。

Bon201908a

この時期にお墓参りだけ済ませる、というご家庭もあるでしょうが、我が家では盆迎えをして、お盆の間はご先祖様に我が家に逗留して頂き、盆送りをする、というのが恒例です。

本来ならこの期間中に盆踊りをするのでしょうが、最近では帰省や旅行などで自宅にいないご家庭も多く、お盆を外して実施されています。

元々は農業の閑散期に、農民の発散も兼ねて定着した行事であり、その地域によって時期も様々(特に養蚕を行っていた地域は7月ですね)ですが、せめてその名残りでも後世に伝えられたら、と思います。お盆にお彼岸といった行事はしっかり家族で毎年経験して欲しいものですね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年8月13日 (火)

人が育つゴールデンルール

所長です。

北九州の人気美容室バグジーの久保華図八氏著の「人が育つゴールデンルール64」。

Bagzygoldenrule

「美容師は技術がすべて。技術さえあれば客は来る。社員にはこなした客数だけ給料を払えばいい。それが実力なのだから。」著者は開業当初、そう考えていました。その「実力主義」の経営でお店は順調に売上を伸ばしていました。そんな矢先、社員の大量退職でいきなり倒産の危機を迎えます。ところが残った社員の奮闘で倒産の危機を乗り越えます。

この経験から「社員が主人公になる」経営にシフトチェンジします。社員を競い合わせるのではなく、お互いの切磋琢磨で成長し合える「家族主義」の経営です。社員の独立志向の高い美容業界において異例とも言える経営です。

しかし、ここで多くの経営者が間違ってしまうのは「教えすぎてしまう」ことと、「教える内容が技術面に偏る」こと。もちろん教えなくてはいけませんし、どの業界でも技術は大切なのですが、これでは花に水と肥料を与えすぎるのと同じ結果になります。

花をキレイに咲かせるために大切なのは「土づくり」。社員教育では「場づくり」ということになります。著者がこれまで「場づくり」で心掛けてきたゴールデンルールを余すところなく書かれたのが本書。まさに社員教育のバイブルとして実用的な一冊と言えるでしょう。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年8月 9日 (金)

経営理念と人材育成

所長です。

先日、TKC埼玉西支部定時総会に出席しました。今回の基調講演は松下政経塾塾頭の金子一也氏、「松下幸之助の経営理念と人材育成」。

Tkc201908b

「経営の神様」として名高い故松下幸之助氏。今もなお、その影響力は衰えません。その松下幸之助氏が企業経営で大切にしたのは「経営理念」と「人材育成」。

リーダーはビジョンを示し、それを実行する人材を育成することが仕事。この両輪が噛み合っている企業は成長スパイラルを描きます。

将来の景気動向を不安視し、「未来がどうなるか」と心配される方が多いですが、リーダーは「未来をどうするか」と考え、行動しなければなりません。受け身ではなく、主体的になることで人は未来を切り拓く力を得ます。

今も昔も経営の要諦は変わりません。温故知新。まだまだ古の賢人から学ぶことが沢山ありそうですね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2019年8月 8日 (木)

税制改正セミナー2019

職員の渡辺です。

先日、弊所主催の税制改正セミナーを行いました。

Watanabe201908a

今年の10月に行われる消費税の増税、皆様はご準備できていますでしょうか?税率が10%になって、その中でも食料品等が軽減税率で8%で据え置きで……そんな簡単な話ではありません。軽減税率に該当する「食料品等」、自社の商品が当てはまるかの区別は大丈夫でしょうか。こちらの区別、一筋縄ではいきませんので注意が必要です。

また、軽減税率の8%と今までの8%、実は経理処理が異なりますので、経理には会計ソフトを使用された方がよいでしょう。又、会計ソフトを導入されている方も、税率の区分が必要になりますので、入力の際に一層の注意が必要になります。

さらに軽減税率に対応した請求書、領収書を義務付ける「区分記載請求書等保存方式」も今年10月より始まります。対応したレジの導入が必要な方は、そちらの方はお済でしょうか?2023年には、インボイス制度というものが始まります。こちらの制度が始まると、今までの請求書だと消費税の経費にすることが認められず、新しくインボイスというものが必要になります。インボイスの発行事業者として登録申請をしないと発行できませんので、売り手買い手両方の立場での対応が求められます。

増税分の価格対策や、価格表示対策も手抜かりなく準備したいところです。取引先と、増税前からしっかりとお話をすることが大事です。

準備しなければならない事が多く、混乱することも多いかと思います。お困りの際は事務所までご相談下さい。

次回は10月に開催する、北海道を舞台とした優良企業視察セミナーです。残席僅かとなりますので、お早目にお申込み下さい。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
2020年度の採用活動中!
詳しくはこちらから
http://kobayashi-recruit.jp/
https://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

«2022年問題