2017年3月24日 (金)

広大地

所長です。

昨日は提携企業でもあるミサワホームさんの研修会に出席しておりました。実は南極基地はミサワホーム製なんです。

Misawa201703a

今回の研修テーマは「広大地」。相続税の計算をする際に行う土地の評価に関するもので、この制度を適用できるか否かで土地の評価額が大きく変わってしまいます。

「広大地」とは面積が広く、通常、戸建て住宅を建てる際に2棟以上建てられるが道路を通さなければならないような形状の土地を言います。道路を通す分、建物を建てられる面積が少なくなってしまうので、評価額が下がるという訳です。

もちろん広い土地なら全てに適用される訳ではありません。税務署に否認された場合のリスク(加算税や延滞税)を考えながら、適用するかどうかの判断をしなければなりません。

「うちの土地は広大地に該当するかなぁ?」と思い当たる方は是非、気軽にご相談下さい。調査させて頂きますよ。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年3月23日 (木)

選ばれる企業はここが違う

所長です。

昨夜は埼玉中小企業家同友会、西部・むさし野・川越3地区合同例会に出席しておりました。

報告は愛媛同友会、義農味噌の田中正志氏、「選ばれる企業はここが違う」。

Doyu201703b

義農味噌はその名の通り、味噌メーカーですが、近年では大手メーカーの攻勢に押され、厳しい経営状況が続いていました。しかし、大手メーカーの参入して来ないニッチマーケットに着目してから業績回復。今ではコアなファンから絶大な支持を受ける人気メーカーとなりました。

では何故、義農味噌はV字回復できたのか?それはニッチマーケットへの方向転換というだけの簡単な理由ではありません。

自社にとって何が武器なのか?その武器はどう使ったら威力を発揮するのか?そこをいかに見極めるかが重要になります。そして、そのために必要なのが実は「社員の声」なのです。

社員の声を生かすか、殺すかで会社の行く末が大きく変わる。そんな姿を見せて頂いた貴重な例会でした。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年3月22日 (水)

志ある経営者になる

所長です。

先日、高崎で開催された関東甲信越青年経営者フォーラムに出席しました。

今回の報告は山梨同友会の志村優氏の「志ある経営者になる!」。

Doyu201703a

志村氏は山梨でクリーニング店を経営してますが、従業員のトラブルやリーマンショック後の業績悪化という逆境の中で志経営に目覚めていきます。

経営理念や経営計画をつくっても、そこに経営者の想いを込めなければ生きてきません。改めて志の大切さに触れた良い機会となりました。

又、今回も全国から380名の青年経営者が集まり、熱く学び、熱く語り合いました。志ある同世代での語り合いという貴重な機会に恵まれました。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年3月21日 (火)

トータル保障と個人保障

所長です。

先日、熱海で開催されたTKC全国合同推進会議に出席しました。

Atami201703a

毎年この時期に開催される本会議ですが、これからの一年間における企業防衛推進の方針が発表される重要な会議です。

ここ最近は経営者への「トータル保障」の推進が重要視されています。トータル保障とは一般的な死亡保障だけでなく、三大疾病や介護に備えた生存保障も合わせてリスクに備えるもの。中小企業では経営者がプレーイングマネージャーであることが多く、経営者の死亡だけでなく、一時的な戦線離脱だけでも業績に大きな悪影響を与えてしまいます。

又、経営者への「個人保障」の充実も必要です。若手経営者の場合、万が一の場合、会社からの退職金はあまり高額にできない可能性があります。配偶者の生活費や子供の養育費を考えると不安が残ります。そこで会社契約だけでなく、個人契約も充実させる必要があります。

このように、一口に保険といっても、考慮すべきことは多種多様です。中小企業経営者の方には是非参考にして頂きたいと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年3月17日 (金)

火花

所長です。

又吉直樹氏著の「火花」。芥川賞受賞で話題になった本作。文庫化をきっかけに読みました。

Hibana

売れない芸人が主人公のストーリー。小説ですから、そのストーリーについて書くことはしませんが、著者の芸人としてのセンスというか、テンポで表現された独特の世界観を味わえる作品ではないでしょうか。

本作を読んで思い出しましたが、誰にでも「なかなか芽が出ない時期」というものがあるのではないでしょうか。そして、その時期を経て芽を出す人もいれば、結局芽を出せずにいる人もいます。その差は思いのほか微差なのかもしれません。

高校野球で活躍して、プロ野球選手になり、しかし1軍に上がることもないまま20代後半で引退。実はそういう選手も沢山います。1軍で活躍したまま引退し、その後TVや指導者としても活躍できる、という選手は実はほんの一握りにすぎません。

デビュー曲が少しヒットしただけで、あとは鳴かず飛ばず、という歌手も沢山います。そう考えたらビジネスの世界は多少、気が楽かもしれないですね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年3月16日 (木)

確定申告、打ち上げ

所長です。

2月から突入した確定申告シーズン。毎年のこととは言え、会計事務所にとって最大の山場です。昨日、3月15日をもって確定申告の期限となり、今年の確定申告シーズンを終えることができました。

そこで、昨夜は焼肉店で打ち上げでした。

Office201703a

職員全員に加え、来月入社予定の内定者2名も参加し、賑やかな打ち上げとなりました。

皆でこの日を元気に迎えられることの幸せをかみしめながら、ささやかながらも楽しいひと時を過ごすことができました。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年3月15日 (水)

プロレス総選挙

所長です。

先日、テレビで「プロレス総選挙」なる企画が放送されていました。WBCのオランダ戦の煽りを受けて放送時間が大幅に変更されてしまいましたが。

今回、プロレスラーやプロレスファンにアンケートをとり、そのポイント制で「スゴいプロレスラー」を決めよう、という企画。上位20人が紹介されましたが、どれも素晴らしいプロレスラーばかり。

1位は「やっぱり」という方が多いでしょうが、アントニオ猪木。

Inoki201703a

私も小学生の頃、金曜日の夜8時を楽しみにしていました。大柄な外国人選手を倒す猪木は、当時の私にとってスーパーヒーローでしたね。

1位の猪木をはじめ、懐かしい映像満載の放送でした。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年3月14日 (火)

いよいよ明日まで

所長です。

今日は3月14日。今年の確定申告もいよいよ明日までです。

Incometax2017a

2月から突入した確定申告期間。約1ヶ月半に渡って、会計事務所にとって最も忙しい時期が終わろうとしています。

当事務所と業務提携している大同生命保険さんからはこんなお煎餅を差し入れして頂きました。他にも多くの方からドリンク剤やらお菓子やら、沢山の差し入れを頂きました。この場を借りて、感謝申し上げます。

Incometax2017b

とはいえ、まだ明日まである確定申告。最後まで気を抜かずに頑張りたいと思います。

ちなみに、還付申告はいつでもできますから、「うっかり申告し損ねた」という方は気軽にご相談下さい。

そして、確定申告の必要があるのに、まだ済んでいない方、加算税が付加されてしまいますが、一日でも早く申告されることをお勧めします。こちらも気軽にご相談下さい。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年3月13日 (月)

新たなプロの育て方

所長です。

原田左官工業所社長の原田宗亮氏著の「新たなプロの育て方」。

Pro_sakan

著者の会社は左官業。いわゆる職人の業界です。

しかし、一般的な左官屋さんとはちょっと違います。それは女性や若者の職人が多い、ということ。

最近、職人の業界では女性はともかく、若者の就業が難しいと言われています。では何故こちらでは女性や若者の職人が活躍しているのでしょうか。そこに最近の雇用や社員教育の秘訣があるのかもしれません。まさに「新たなプロの育て方」ですね。

一般的に職人の業界は若手が定着しにくい、と言われています。そもそも女性職人の存在そのものが稀です。では何故、こちらでは女性や若手が定着しているのでしょう?それは今までの職人の業界で言われ続けてきた「常識」を覆すようなことです。

「先輩の背中を見て覚えろ」ではなく、「しっかり教える」という育て方。但し、手取り足取りではなく、本人に考える余地を与えることも大切。実はやってみると大変、「背中を見て」というのは単なる指導側の逃げ口上だったのかもしれない、と思います。

「今の若手は」なんて愚痴を言う前に、成功事例から学ぶことが沢山あるのではないでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

2017年3月10日 (金)

スパルタと自主性

所長です。

先日、ネッツトヨタ南国の横田英毅相談役の示道塾に参加しておりました。

Yokota201703

この塾では動画をみんなで観て、ディスカッションすることがあるのですが、今回は高校ラグビーの指導方法についての動画を観ました。

その中で生徒の自主性を重んじて、監督が練習方法を強制しない学校とスパルタ指導をする学校が登場しました。どちらも地元の強豪校。ついに両校は県大会の決勝戦で対戦しました。結果、勝ったのは…。

このケースでは、決勝戦の勝敗をもってスパルタ教育と自主性重視の優劣をつけるものではありません。長い目で見て、生徒たちにとってどちらの教育方法がより良かったのか、と考えるとなかなか深いものがあります。

もちろん、スパルタであろうと自主性重視であろうと、指導者に深い愛情があることが前提です。これがなければ、単なるしごきですし、単なる放任になってしまいますから。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

«味噌一代記