2017年9月22日 (金)

社員に教育されてV字回復

所長です。

先日、埼玉中小企業家同友会、川越地区会9月例会に出席しました。

今回の報告者はアフターユー取締役の松本勇氏、「社員に教育されてV字回復」。

Doyu201709f

松本氏は親の経営する介護施設に後継者として入社します。しかし、入社してみて初めて自社の状況を知ることになります。

年々減少する利用者。不平不満ばかりの社員。高い離職率。松本氏は入社早々、会社の建て直しに奔走することになります。

松本氏が取り組んだのは社員の意見を登用すること。自分たちの意見が聞き入れられることで少しづつ社員の自主性が高まり、離職率も低下。同時に利用者も増えてきました。見事にV字回復。

過去、リーダーとは圧倒的な統率力を持つ人物を指しました。しかし、多様性が尊重される今日では人の活躍を支援できる人物がリーダーとして活躍しているのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
税制改正セミナー2017、開催!
今年の税制改正で世の中はどう変わる?!

詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2017年9月21日 (木)

挑戦こそが未来を創る

所長です。

先日の青年経営者全国交流会、二日目には記念講演が行われました。金砂郷食品の永田由紀夫氏の「地場産業の底力で世界に咲き誇る~挑戦こそが未来を創る」。

Doyu201709e_2

永田氏の経営する金砂郷食品は納豆メーカー。「粢」というブランドで販売されている納豆は1パック200円という高級品ですが、確かな味と品質で人気を博しています。

しかし、同社は元々「くめ納豆」という日本全国で販売されていた人気商品を持つ大手メーカーでした。年商110億円超もあった売上に胡坐をかき、いつしか会社は迷走を始め、ついに倒産。大手食品メーカーに救済される形で再スタートとなりました。

永田氏は倒産時、社員の立場でしたが、地場産業の灯を消さないため、経営者として再スタートします。「くめ納豆」というブランドを救済メーカーに売却したため、110億円あった年商は数億円にまで減少しました。倒産会社の再生はまさに茨の道でしたが、永田氏は挑戦することで道を切り拓いていきます。

1パック200円もする高級納豆「粢」や海外展開を狙った商品開発。その姿はTV番組「ガイアの夜明け」でも放送されました。成果は少しづつ出て、年商も10億円を超えてきました。

同社の歩みを見て感じるのは、「未来は予測不能」ではあるけれども、「今の積み重ねが未来を創る」ことでもある、ということ。中小企業は経済情勢の影響によって業績が大きく変わることもあるけれども、何の抵抗もできない訳ではありません。

永田氏は言います。「小さな変化は毎日起きている。それに気づくかどうかだけ。」ここに経営者の責任があるのではないでしょうか。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
税制改正セミナー2017、開催!
今年の税制改正で世の中はどう変わる?!

詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2017年9月20日 (水)

未来のために今何をするか?

所長です。

先日、栃木県茂木にてTKC関東信越会理事会が開催されました。当日午後から「とちぎ秋期大学」が開催されるため、朝9時からのスタート。そのため、私は自宅を朝6時に出発して駆けつけました。

Tkc201709b

しかし、午後から別件があったため、理事会後、秋期大学には出れずに昼食を頂いてすぐに移動。向かう先は茨城県水戸。

当日午後から水戸にて開催される青年経営者全国交流会に出席するためでした。

Doyu201709c_2

午後からは分科会に出席。私が出席したのは若手女性経営者によるパネルディスカッション、「未来のために今何をするか?」。

Doyu201709d

一口に若手女性経営者といってもその歩んでいる道は様々。先代の残した借金の返済に奔走する者もいれば、共同経営者との理念の不一致にもがく者、社内融和に苦心する者。どれもまさに中小企業の経営の現場。

しかし、「うちは中小企業だから、これが現実。何も変わらない。」と悲観することなく、「理想の未来を創るために日々奔走するしかない。」という覚悟を経営者自身が持てるかどうか。そこに中小企業の未来が掛かっているのだと思います。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
税制改正セミナー2017、開催!
今年の税制改正で世の中はどう変わる?!

詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2017年9月19日 (火)

とちぎ秋期大学

職員の宮沢です。

9月14日に行われた「TKC関東信越会とちぎ秋期大学」に行ってきました。

Miyazawa201709a

今回は栃木県の茂木町で開催されたのですが、会場に向かう途中に「そばの里まぎの」で昼食。茂木町は鮎が名産ということで、私は「鮎天ぷらそば」をいただきました。

Miyazawa201709b

サクサクの衣に身がふっくらとした鮎は絶品で、骨まで食べられました。

おいしい昼食をいただいた後は、いよいよ秋期大学の始まりです。まずはTKC全国会会長、坂本 孝司氏による基調講演。今回のテーマは「中小企業金融における会計と税理士の新たな役割」でした。

事務所に入所して半年ほどの私にとって、講演の内容は非常に難しいものでした。しかし、会計事務所で働いている以上真剣に考えなければいけないことだと思いました。

基調講演が終わると、フルート奏者である山形由美さんの記念コンサートが行われました。音楽にはあまり興味のない私は、コンサート中に寝てしまうのではないかと心配でした。

しかし、始まってみると山形さんの奏でるきれいな音色に聴き入っていました。フルートの生演奏という、普段はあまりできない貴重な体験ができました。

記念コンサートの後はレセプションに参加しました。レセプションでは、プロのバーテンダーによるパフォーマンスや、地元のバスケットボールチームのチアリーダーによるダンスなどで盛り上がりました。

最後は抽選会。いろいろな景品が用意されていたのですが、私は抽選会で当たったためしがありません。

どんどん当選者が発表される中、最後の当選者の発表。「今回も当たんなかったか...」とあきらめかけたとき、・・・92番!なんと、ディズニーランドのペアチケットが当たってしまいました(笑)

貴重な講演にコンサート。最後はディズニーランドのチケットまで頂けて、とても充実した1日となりました。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
税制改正セミナー2017、開催!
今年の税制改正で世の中はどう変わる?!

詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2017年9月15日 (金)

銀翼のイカロス

所長です。

文庫化が待ち遠しかった半沢直樹シリーズ第四弾、池井戸潤氏著の「銀翼のイカロス」。

Ikeido_hanzawa04

TVドラマ化で人気に火がついた半沢直樹シリーズ。元銀行員でもある著者の経験がふんだんに活かされたストーリー。TVドラマでは2作目までが製作されています。

本作はそのTVドラマ放映後に書かれた作品で、TVドラマで人気のあったキャラクター、金融庁の黒崎検査官が再登場し、人気シリーズとしての意識が垣間見える作品でもあります。

正直、一作目、二作目までは原作のストーリーを脚色してTVドラマ化するほど、派手さを感じるような作品ではありませんでした。当たり前ですが、単なる「銀行員の日常」では高視聴率を取るようなTVドラマは作れません。(原作では大和田常務への十倍返しも、土下座もありません。そもそも父親も生きています。)

本作ではそのままTVドラマ化できるのでは、と思えるストーリー展開ですが、一方で「一銀行員に何もここまで大活躍させなくても」と思ってしまいます。エンターテイメント作品として見れば十分楽しめる作品ですから三作目以降のTVドラマ化も期待したい所ですね。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
税制改正セミナー2017、開催!
今年の税制改正で世の中はどう変わる?!

詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2017年9月14日 (木)

10年後、あなたの会社を守るためには

所長です。

昨夜は埼玉中小企業家同友会、西部地区会9月例会に出席しました。

今回の報告は前十文字学園女子大学特別招聘教授の福島聡氏、「10年後、あなたの会社を守るためには」。

Doyu201709b

10年後、自社を守るために何をしたらいい?そう聞かれて何と答えるでしょう。

「商品開発」でしょうか、「社員教育」でしょうか、それとも「事業承継」でしょうか。どれも会社の成長に欠かせない取り組みです。

しかし、中小企業の存在意義という意味において、真に問われるのは「地域づくり」です。地域づくりへの貢献には様々な形がありますが、どの会社にもできる地域づくりとは「雇用」と「納税」です。

そして「雇用」については地域の大学との連携が欠かせません。単に新卒雇用をするだけでなく、インターンシップなどの場面で学生に仕事の現場を体感させる活動もできます。

これからの中小企業には地域における「教育」という役割を果たすことが求められているのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
税制改正セミナー2017、開催!
今年の税制改正で世の中はどう変わる?!

詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2017年9月13日 (水)

軽井沢でブラタモリ?

所長です。

先日、天気がよかったので、フラッと軽井沢へドライブ。埼玉の最高気温が30℃でも、軽井沢では20℃くらいで、あまりの涼しさに到着時には寒く感じたくらいでした。

まずは定番ですが、白糸の滝へ。行かれた方はお分かりだと思いますが、軽井沢の白糸の滝は思ったより「こじんまり」しているので拍子抜けされる方も多いのですが、逆を返せば「滝を直接触れる」くらいの距離感ですから、地層の境から水が流れ出ていることをしっかりと観察することができます。

Karuizawa201709a

続いてこちらも定番、鬼押し出し。浅間山の噴火でできた景勝地で、火山の持つ力のすごさを体感できる場所でもあります。

Karuizawa201709b

NHKの「ブラタモリ」でも放送されていましたが、避暑地として知られる軽井沢もその成り立ちは火山活動です。別荘地に広がる森も実は植林。機会があれば、そういった視点からも楽しんでみて下さい。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
税制改正セミナー2017、開催!
今年の税制改正で世の中はどう変わる?!

詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2017年9月12日 (火)

人を大切にするダイバーシティ経営

所長です。

先日、法政大学にて開催された「人を大切にする経営学会」の全国大会に出席しました。

本学会は「日本でいちばん大切にしたい会社」の著者であり、法政大学大学院教授の坂本光司先生が主催し、人本経営を行っている会社の研究、表彰を行っています。

Gakkai201709

「日本でいちばん大切にしたい会社」の出版は約9年前。当時は急成長している会社や珍しい事業を行っている会社がもてはやされていましたが、私にとって違和感を感じるものでした。本書を読み、自分の幸福追求路線が間違っていないと確信し、自分の中の軸が定まりました。以降、本書で紹介された伊那食品工業やネッツトヨタ南国は経営のお手本としてさせて頂いています。

さて、今回もクラロンの田中会長、コーケン工業の村松会長、日本レーザーの近藤社長の講演3本立てで、とても楽しみにしておりました。

3社の事例から感じたことは、まず、利益重視の経営は社員のモチベーションの源泉が待遇だけになり、経営危機の際には力を発揮しません。一方、人本主義の経営は社員のモチベーションはやりがいであり、経営危機の際には最大限の力を発揮します。しかし、その高いモチベーションも経営者の戦略ミスをカバーできるほどではありません。

つまり、渋沢栄一翁も語った「論語と算盤」が現代の経営にも必要なのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
税制改正セミナー2017、開催!
今年の税制改正で世の中はどう変わる?!

詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2017年9月11日 (月)

アキラとあきら

職員の今井です。

池井戸潤氏の「アキラとあきら」を読みました。

Imai201709a

池井戸潤氏は、ご存知「半沢直樹シリーズ」や「下町ロケット」の著者で、この「アキラとあきら」は10年以上前に書かれ、眠っていた作品が書籍化+ドラマ化されたものです。

ストーリーは、零細工場の息子「山崎瑛(あきら)」と大手海運会社の御曹司「階堂彬(かいどうあきら)」という生まれも育ちも違う二人の主人公が、それぞれの宿命を背負い、やがてバンカー(銀行員)となりお互いの人生を交差させ、逆境を乗り越えていくというものでした。

池井戸ワールドは文句なく面白くて、今回もあっという間に読んでしまいました。中でも私が一番心を打たれたのが、先輩銀行員の言葉「バンカーは会社にお金を貸すんじゃない。人(経営者)の為に貸すんだ」という主旨の言葉でした。

銀行は、その経営者の人となりを見る。裏を返せば、経営者が今をどう分析し、将来をどう見据えて事業を展開していこうとしているのか、しっかりと経営者の口で説明出来ないといけないという事だと思いました。

私達の仕事は、会計や税務の分野から経営者を支援していくことです。銀行や提携企業の方々と協力しながら、経営者の夢を叶えるお手伝いが出来れば素直に嬉しい。この「アキラとあきら」の二人と自分達の仕事を重ね合わせながら、ついニマニマしてしまいました。

機会があれば、是非読んでみてください。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
税制改正セミナー2017、開催!
今年の税制改正で世の中はどう変わる?!

詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

2017年9月 8日 (金)

一流になる人の20代

所長です。

致知編集部による「一流になる人の20代はどこが違うのか」。

Ichiryu

それぞれの業界において一流と呼ばれる人たちの20代の頃のエピソードをまとめた一冊。複数人のエピソードを並べることにより、その共通点を見出すことができます。

昔から「苦労は買ってでもしろ」と言いますが、本書に載っている人たちの20代はまさにそれです。楽そうな道よりもあえて茨の道を選ぶことで、結果的に道が拓け、一流へと成長することができます。

又、一流になった人たちは運にも恵まれているようにも見えます。しかし、実は運というものは全ての人に平等に訪れます。違うのは、訪れた運を掴めるのか、掴めないのか。運を掴むためには、運を掴めるだけの実力が必要です。つまり、運が訪れるまでに、しっかりと実力を磨いておくことが必要なのです。

一流になるためにはそれに相応しい「下積み時代」が必要なのです。

 

▼小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

▼所長のつぶやきはこちらから
https://twitter.com/soichikoba
▲フォロー、よろしくお願いします!

▼小林税理士事務所のFacebookページはこちらから
http://www.facebook.com/kobazei.office
▲いいね!をお待ちしてます。

------------------------------------------------
税制改正セミナー2017、開催!
今年の税制改正で世の中はどう変わる?!

詳しくはこちらから
http://www.kobazei.com/
------------------------------------------------

«被爆・クスノキ